ハワイ留学カウンセラー
  • 記事公開日: 2019.3.19

プルメリアの毒には注意しましょう

ハワイの州花として有名なレイは南国ならではの花であり、そのトロピカルな見た目から人気も高い花です。

レイの花と同様に、ハワイを象徴する花であり、可愛らしい色や形からアクセサリーのモチーフにもなっているプルメリアはその優しい香りも特徴で、プルメリアの香りのキャンソルやソープなどはお土産としても人気です。

このプルメリアは実は毒性を持つ花でもあり、取り扱いには注意が必要です。

プルメリアは庭園や街路などでよく見かけることが出来ますが、その種類は多様でハワイで主に見かける品種はシンガポールホワイトというものです。

白い花に、中心に向かって黄色い色を帯びる、まさにハワイといった感じのとても綺麗な花です。

髪に飾って写真を撮る人も多いかと思います。
花の取り扱いはそれほど神経質になる必要はありません。

落ちている花についてはほとんど注意は必要ありませんが、茎や葉を切った際に出る白い樹液には毒性があります。かゆみを伴う皮膚炎を引き起こしたり、重症になると嘔吐や心臓麻痺などの原因にもなります。

毒性を持つことから、日本の彼岸花のように墓地に植えられることも多く、ハワイでもプルメリアは墓地に咲く花というイメージを持つ方も多いようです。レイを作る際にも用いられますが、年配の方にプルメリアのレイを送ることは避けられます。また、年配の方にはプルメリアモチーフのものを送ることも避ける方が無難です。

花言葉は「気品」、「恵まれた人」、「美」、「魅力」などです。

とても綺麗な花で優しい香りもあり、花言葉も素敵な意味がある不動の人気を誇るプルメリアですが、小さいお子さまなどが花を取り扱うときは注意しましょう。

ハワイ情報ブログ に戻る

関連記事

お問い合わせはこちらから

お見積り&お問い合わせ

あなたの理想の留学をサポートします

サイトマップ

学生ビザ申請サポートサービス

アメリカ学生ビザ申請サポート

ハワイで楽しくキッズ留学

ハワイキッズ留学
ページ上部へ戻る