ハワイ留学カウンセラー
  • 記事公開日: 2016.3.14
  • 最終更新日: 2016.3.20

子どもを一人にすると罪に問われる

未成年の福利を危険にさらした罪

幅広い年齢層に人気のハワイでは、お子さま連れでハワイへ渡航される方も非常に多く、親子留学としても大人気の場所です。

ただし、お子さまと一緒にハワイに滞在する際、私たち日本人には馴染みのない、気をつけるべき法律があります。

12歳以下の子どもを13歳以上の保護者なしで放置した場合、未成年を危険に晒したとして、親(保護者)は罪に問われます。

犯罪意識の高いアメリカならではの法律です。ベビーシッター雇用などが当たり前になっているのもこの法律が背景にあることの影響と言えます。夫婦で出かける際にベビーシッターを依頼したり、子どもを学校へ送り迎えするといったシーンを映画などでよく見ますが、これらはこの法律に基づくものです。学校への送迎は義務付けられています。

鍵っ子や、小学生一人でお留守番するなどが割と当たり前になっている日本では馴染みのない法律なので、旅行中にもうっかり子どもを一人にしてしまうということが発生しかねません。

ホテルの部屋でお留守番をさせることはもちろん、ホテルのロビーで一人で待たせること、ショッピングモールなどで目を離したり、公衆のトイレなどを一人で使わせることもこの法律に違反する行為になります。少し離れた売店や、コンビニに買い物に行くのに、ビーチで一人にさせることも違法です。

子どもたちを守るという意味で、この法律に関して特に意識が高い現地の人は、違反行為にも厳しく、実際に通報されるケースも少なくありません。日本人だから知らなかったということでは思わぬトラブルにもなりかねません。

日本では公共の場でたまに見かける、泣く子どもを置いて行くふりをしたり、大きな声でしつけをすることに関しても、児童虐待と見なされ通報されるケースもあります。

ハワイの常識に対し、正しい知識を持ってお子さまとのハワイ滞在を楽しんでください。

ハワイ情報ブログ に戻る

関連記事

お問い合わせはこちらから

お見積り&お問い合わせ

あなたの理想の留学をサポートします

サイトマップ

学生ビザ申請サポートサービス

アメリカ学生ビザ申請サポート
ページ上部へ戻る