ハワイ留学カウンセラー
  • 記事公開日: 2019.4.19
  • 最終更新日: 2019.4.29

時差ボケを避けるためのハワイへのフライトの選び方

ハワイと日本の時間差は19時間でフライト時間は約8時間です。

ハワイは人気の観光地ということもあり、たくさんの航空会社が日本からの直行便を運営しています。お値段は時期などによって様々ですが、ハワイへは直行便利用がとても便利です。

ハワイと日本の時差はマイナス19時間です。

時間だけ聞くと、とても長く感じますが、ハワイへの直行便は日本時間の夜発がほとんどですので、ハワイ現地には朝到着します。フライト時間は約8時間です。

日付は1日戻りますが、実際は、一晩飛行機で寝て、翌朝から活動することになりますので、機内でしっかりと睡眠が取れれば、到着してからすぐショッピングというような計画も可能です。


時差ボケを予防するにはどうしたらいいの?

スケジュールだけで判断すれば、時差ボケはないように考える方も多いかと思いますが、単純に睡眠時間の関係だけでなく、1日の長さが短くなる東方面へのフライトは生理的なサイクルが狂いやすいとされています。

24時間の体のリズムを損なわないように、フライト当日に早起きして、いつもよりも早い時間に太陽の光を浴びるだけで、1日の体内リズムを調整され、時差ボケの予防に効果があると言われていますので、時差ボケが気になる方は試してみてください。21時頃に日本を発つ便がおすすめです。

また、睡眠不足は大敵なので、フライト前にも睡眠を取ることを心がけましょう。


留学する際に気を付けたいフライトの到着時間

留学でハワイに渡航する際に、「学校初日に到着する便でも良いですか?」というご質問を頂きます。

たとえ学校の初日の登校時間に間に合うフライトであっても、当日着のフライトはあまりおすすめ出来ません。

時差ボケだけの問題でなく、フライトの遅延などの心配もありますので、学校初日のハワイ到着は避け、前日、もしくは前々日に到着するように、余裕を持ってフライトを予約することをおすすめしています。

ほとんどの学校でチェックインは土日のどちらかになります。月曜日から学校が開始される場合がほとんどですので、前日、前々日のチェックインということになります。


現地に到着してからの時差ボケ対策

現地についてからも無理は禁物ですが、移動疲れで少し眠くても、現地の生活スタイルで生活してみましょう。朝日を浴びられる時間に起床し、夜もしっかりと睡眠を取ります。

特に到着してからの数日は、直後ではなく、遅れて現れる時差ボケの症状もありますので、なるべく夜更かしや朝寝坊を避けて、現地の太陽サイクルに合わせるようにすることで、時差ボケの緩和や予防に繋がります。

短い滞在でも満喫できるように、しっかりと知識を持って時差ボケ予防をしましょう。

ハワイ情報ブログ に戻る

関連記事

お問い合わせはこちらから

お見積り&お問い合わせ

あなたの理想の留学をサポートします

サイトマップ

学生ビザ申請サポートサービス

アメリカ学生ビザ申請サポート

ハワイで楽しくキッズ留学

ハワイキッズ留学
ページ上部へ戻る