ハワイ留学カウンセラー
  • 記事公開日: 2014.9.24
  • 最終更新日: 2016.4.19

ハワイ諸島間の移動は飛行機で!

アイランドホッピングを楽しもう

全100以上の大小さまざまな小島からなるハワイ諸島。主要な8島のうち、観光客が訪れることができる6つの島間の移動はアイランド・ホッピングと言われる飛行機での移動が一般的です。所要時間は30分から50分なので行きたいところに文字通りすぐに飛んで行くことが出来ます。以前は日本からハワイ島への直行便も運行されていましたが、現在オアフ島以外の島はアメリカ本土からの国内線のみが発着する空港となっています。そのため、各諸島を訪れるには全てホノルル空港経由でのフライトを利用する必要があります。

2008年アロハ航空の廃業により、今現在はハワイアン航空が最大の就航数を誇ります。一日200便を越すジェットサービスでオアフ島、マウイ等、ハワイ島、カウアイ等、モロカイ等、ラナイ島の6つの島を繋いでいます。他にも小規模な空港間のアクセスにはアイランド・エアー、日本語でも簡単に予約出来るゴー・エアーなどのエアラインが就航しています。

島間の移動の相場は1区間100ドル前後です。便の空席状況によって値段が変動するシステムです。空席の多い便は値段が安くなります。余談ですが、このシステム、日本のエアラインも採用して欲しいですよね。さらに、プライベート・チャーター・マージェットも人気です。豪華なプロペラ機でハワイ6島間を移動できます。時間や日程は自由に決められるので贅沢なフライトを存分に楽しめます。それぞれのエアラインはホノルル空港を起点に就航されていますので、オアフ長期滞在の合間にネイバーランドを訪れてみるという方も多いようです。アイランド・ホッピングという言葉だけでうきうきしてしまいますね。魅力が尽きないハワイを飛び回りましょう。

ハワイの空港一覧

  • オアフ島
    ホノルル国際空港・カラエロア空港

  • ハワイ島
    コナ国際空港・ヒロ国際空港・ワイメア空港・ウポル空港・アッパーパアウアウ空港

  • マウイ島
    ハナ空港・カフルイ空港・カパルア空港

  • ラナイ島
    ラナイ空港

  • モロカイ島
    モロカイ空港・カラウパパ空港・パンダ空港

  • カウアイ島
    プリンスビル空港・リフエ空港・パーキングサンズ空港・ポートアレン空港


ハワイ情報ブログ に戻る

関連記事

お問い合わせはこちらから

お見積り&お問い合わせ

あなたの理想の留学をサポートします

サイトマップ

学生ビザ申請サポートサービス

学生ビザ申請サポート
ページ上部へ戻る