ハワイ留学カウンセラー
  • 記事公開日: 2014.9.20
  • 最終更新日: 2016.4.19

ハワイの自転車事情

自転車の交通ルールはハワイでは厳しい

ハワイにおいて知っておくべき自転車事情をご紹介します。近年、日本で採用された自転車の交通ルールがハワイではもう当然のこととして浸透しています。自転車は一般車両と同じ扱いで、常に自動車に進行方向を合わせ、自動車の右側(日本では左側ですね)を走行しなければいけません。道路の左側を走行すれば逆走扱いで送検されてしまうこともあります。ありがたいのはハワイでは自転車レーンが多く見られることです。アラワイ沿いもそうですが、車道の横に自転車専用のレーンがあります。歩道はもちろん走行禁止とされています。

日本ではまだまだ取り締まりが緩い自転車の交通ルールですが、ハワイでは立派な交通違反として送検される可能性がかなり高いので十分理解して自転車に乗りましょう。そして、レンタルサイクルなどでも気を付けなければいけないのが盗難被害です。

ハワイではバイシクル・パーキング・ラックという自転車専用のパーキングラックをよく見かけます。街のいろんな所にあり、チェーンで繋いで自転車を停めるのに非常に便利なのですが安心してはいけません。ハワイではかなりの頻度でサドルが盗まれます。サドルにもロックをかけたり、サドル部分にチェーンを絡ませたり、みんなサドルを盗まれないようにする為に必死です。それでもたまに、サドルとタイヤをもぎ取られるという見るに耐えない可哀想な自転車が持ち主に見捨てられこのラックに繋がれているのを見かけます。自転車通勤だった私は、近所の駐輪場に自転車を置いていたのですが、ロコのみんなのアドバイスで究極の盗難防止方法として、サドルを持参して出勤していました。

ハワイの青空の下をサイクリングするのは非常に楽しいのでぜひ経験してほしいと思います。しっかりと自転車事情を理解してトラブル対策をしてくださいね。

ハワイ情報ブログ に戻る

関連記事

お問い合わせはこちらから

お見積り&お問い合わせ

あなたの理想の留学をサポートします

サイトマップ

学生ビザ申請サポートサービス

アメリカ学生ビザ申請サポート
ページ上部へ戻る